協栄流通株式会社

CO-OP コープデリ わたしたちはコープデリグループです。 食卓を笑顔に、地域を豊かに。

ホーム > 沿革

沿革

1982年 4月協栄流通株式会社設立【都民生協(後のコープとうきょう/現コープみらい、以下同じ)100%出資】
生鮮センター店舗配送、共同購入集品センター配送事業開始
1982年 9月都民生協店舗日配センターの分荷・仕分事業開始(板橋区前野町)
1985年 6月都民生協消耗品センター事業開始(板橋区前野町)
都民生協共同購入坂之下・秋津の集品センターで事業開始
都民生協共同購入パン集品事業開始(板橋区前野町)
1991年 3月一般貨物自動車運送事業認可(青ナンバー)
都民生協共同購入城集品センターで事業開始
1991年 6月都民生協店舗第二日配センター(坂之下)で事業開始
1998年 9月コープとうきょう生鮮センター深夜生産事業開始
1999年 4月コープとうきょう共同購入個配事業開始(府中・八王子)
1999年 7月全事業所でISO14001認証取得
2000年 7月坂之下要冷集品センター開設・コープとうきょう共同購入の仕分と集品事業開始
産業廃棄物収集運搬業務認可(東京都・埼玉県)
2000年 10月城グロサリー集品センターの施設を拡大し、コープとうきょう共同購入の仕分と集品事業開始
2001年 3月商品発注業務を当社へ移管(※コープとうきょう 物流機能を全面移管)
2001年 4月所沢市坂之下にコープとうきょう店舗日配センターを統合
2002年 1月店舗物流・個配統括事務所開設(埼玉県所沢市坂之下)
2002年 11月コープとうきょう店舗青果センターが美女木に移設(コープネット事業連合美女木農産センターに改称)※現コープデリ連合会美女木農産センター
2003年 11月さいたまコープ(現コープみらい、以下同じ)店舗青果品配送開始
2004年 2月共同購入・店舗配送事務所統合(所沢営業所開設)
2005年 8月コープとうきょうからコープネット(現コープデリ、以下同じ)へ全株式譲渡
2006年 3月コープネット小山物流・美野里物流・桶川要冷各集品センター管理運営開始
2006年 5月コープとうきょう所沢日配センターをコープネット越谷日配センターに移転統合
2006年 6月コープネット坂之下別積みセンター稼働(埼玉県所沢市城から埼玉県所沢市坂之下に移転)
2006年 10月コープネット共同購入物流企画部門(一部)を統合
2007年 3月コープネット店舗物流企画・管理、配送管理事業開始
2007年 7月輸配送事業を株式会社シーエックスカーゴに機能統合
2007年 9月コープネット大宮OCRセンター開設
2007年 11月(株式会社コープ運輸設立/ちばコープ(現コープみらい、以下同じ)100%出資)
2008年 4月ちばコープ共同購入物流・OCRセンター事業開始
2008年 8月コープながの共同購入物流・OCRセンター事業開始
2009年 3月コープにいがた共同購入物流・青果事業開始
2009年 6月コープネット印西冷凍センターの管理運営開始
2010年 4月野田エコセンター開設
2010年 7月野田グロサリー集品センター開設
2013年 1月須坂OCRセンター開設(松本OCRセンターの機能を全面移転)
株式会社コープ運輸と合併(ちばコープ向け宅配・夕食宅配事業を継承)
2013年 2月大日OCRセンター事業終了
2013年 3月(ちばコープ・さいたまコープ・コープとうきょうの3生協が合併しコープみらいに)
2014年 5月生鮮センター事業所事業終了
2014年 11月坂之下第2要冷集品センター開設
2015年 6月輸配送管理部埼玉営業所開設
2016年 1月宅配事業を分割して新設会社「株式会社トラストシップ」へ承継(21日)
2016年 7月小山冷凍集品センター開設
2017年 4月小山物流センター内に保育所「キッズルームおやま」を開設
桶川グロサリー集品センター内に協栄流通の事務所を開設し、管理・運営を桶川要冷集品センターから分離
2017年 6月 船形グロサリー集品センター開設/輸配送管理部船形営業所開設
(生活協同組合連合会コープネット事業連合がコープデリ生活協同組合連合会に名称変更)
2017年 10月船形OCRセンターおよび桶川OCRセンター開設/大宮OCRセンター閉鎖
2018年 9月野田船形物流センター内に保育所「キッズルームのだ」を開設

トップへ戻る

トップへ戻る